無料のタロット占い結果内容も満足できると評判

78枚のカードで何が占えるのでしょう

1度も占いを受けた事がない方にも分かりやすく

タロットカード占いには、「世の中に偶然は無く、全てが必然である」という考えがベースとなっています。
偶然選んだように思われるカードでも、質問者に対して何らかの意味を必ず持っています。
例えばですが、昔の友人のことを考えていたら、数日後にその友人から連絡が来たり、欲しいと思っていたものが直後に割引セールされているのを見かけたり、というような経験をしたことはないでしょうか。
これは、某心理学者により有名になった言葉で「シンクロニシティ」と呼ばれる現象なのです。
シンクロニシティとは、現状や思考と現実が関連するような偶然の出来事が人生には起きるという現象で、それがあなたにとって意味があることだったり、人生において助けになったりします。
つまり、友人から連絡が来る前にその友人のことを思っていたように、割引セールを見つける前に、その商品が欲しいと思っていたら、現実に起こる事柄に対し、私たちは何らかのサインを必ず感じています。
偶然だと思うこと、すべてが必然に通じているのです。
混ぜたカードの束の中から適当に数枚のカードを選び、選んだカードの組み合わせにより質問者への回答を導き出します。
偶然選ばれたはずのカードなのですが、シンクロニシティを考えると選ばれたカードは必然だったことが分かります。
つまり、偶然選ばれたカードであっても、未来に起こることのサインであり、あなたにとっては意味がある人生の助けとなる導き手でしょう。
タロットカード占いの仕組みが分かったあなたはもう気が付いたかも知れませんが、タロット占いについては、基本的に霊能力は必要ないでしょう。
必要なのは、カードの種類と配置、それとカードの意味を覚えて正しく解釈するということです。
無料鑑定で、それが簡単に出来るかどうかは別の話で、実際には膨大な組み合わせがあるタロットカードを正しく解釈して導き出すというのはとても難しいことです。

シンクロニシティとは現状や思考と現実が関連するような

カードを混ぜているだけなのに本当にあたるのと思っている方も、多いでしょう。 カードを混ぜているだけだから当たるのかと、思い直す方もいるはずです。 他にも、多くの方が疑問に思っているタロット占いの結果や仕組みの受け止め方について、1度も占いを受けた事がない方にも分かりやすく、例をまじえて説明します。

占い師はランダムに混ぜたカードの束の中から

タロット占いについては、大アルカナとされるカード22枚と、小アルカナとされるカード56枚、合計78枚のカードを使用する占いの事です。 占い師さんは、ランダムに混ぜたカードの束の中から適当にカードを数枚選び、選んだカードの組み合わせにより質問者への回答を導き出すのです。

タロット占いでは引き出しには潜在的なものからなる

占いに使用するカードのアルカナとは、ラテン語で机の引き出しという意味なのですが、タロット占いでは引き出しには潜在的なものからなる、「神秘」や「秘密」を意味しています。 大アルカナと小アルカナは、基本的に区別せずに混ぜて使用しますが、大アルカナについては、占いする上で大きな意味を持つ重要なカードです。